徳富蘇峰館 とくとみそほうかん

山中湖と富士山を愛した徳富蘇峰。ジャーナリストの先駆けとして激動を生きた95年の生涯が、今ここに甦る。

山中湖畔に別荘を構え、言論界の指導的役割りを果たした蘇峰。弟は作家の徳富蘆花。


別荘近くのこの地に1998年(平成10)7月開館。
代表作「近代日本国民史」等の直筆原稿のほか、横井小楠、新島襄、勝海舟、伊藤博文、松方正義、与謝野晶子など、親交のあった政財界人、文人、画家等の資料を展示。
施設が建つ一帯の「旭日丘」という地名や、毎年8月1日に開催される山中湖の花火大会「報湖祭」を名付けるなど、村とのゆかりは深く、蘇峰の生涯と業績をわかりやすくまとめた映像「近代日本の旗手 徳富蘇峰」は必見。


エリア
旭日丘
カテゴリー
歴史・文化 公園・スポーツ
旅のテーマ
雨の日も楽しめる

基本情報

住所 〒401-0502 山梨県南都留郡山中湖村平野506-296
電話番号 0555-20-2633
FAX番号 0555-20-2656
入場料・入館料 ※三島由紀夫文学館・徳富蘇峰館との両館共通チケット

・500円/一般
・300円/高校大学生
・100円/小中学生
開館時間・営業時間 10:00~16:30(入館は16時まで)
休業日・休館日 毎週月曜日・火曜日(祝祭日はその翌日)
12月29日~1月3日
資料点検日(不定期)
関連リンク 三島由紀夫文学館HP内

MAP

このスポットから近い「富士山の見える宿」

このスポットから近い「森の中の宿」

このスポットから近い「料理が評判の宿」

このページを見ている人は、こんなページも見ています

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.